この記事ではe-sporsのテレビ番組ユビワザ、第16回の放送内容を書いています。

中身は近畿大学e-sportsサークル後編、格闘ゲームの歴史の振り返りとなっています。

 

では、その中身を見てみましょう。

 

 

■YUBIWAZA(ユビワザ)第16回放送内容

 

近畿大学e-sportsサークル後編

 

前編の内容は⇒こちらをクリックすると見ることが出来ます。

 

前編を少し振り返って、近大の魅力を紹介。

近大はマグロの養殖が有名なのですが、模型を見ると「デカッ!」って思いましたww

女性専用の自習室があったり、マンガなども読める図書室があるようです。

そこにはウメハラさんの漫画や、ときどさんの本も置いていたりします。

こんなにゲームに関連する本があるなんて、一日中いてしまいそうですww

 

 

ここで、ジョビンさん対サークルの豆乳ヨーグルト君の試合に場面が移ります。

1本目は豆乳ヨーグルト君が取って、前編は終了。

 

ラウンド2は・・・これも豆乳ヨーグルト君の勝利して、チームユビワザに所属決定。

世に出ていないすごいプレイヤーって、まだまだ隠れているんですね。

 

 

矢口目線(リターンズ?)は格闘ゲームの歴史

 

元モー娘。矢口さんのゲーム情報コーナー。

リターンズってことは辞めてたのかっていう、ロンブー淳さんのツッコミが面白かったですwww

 

今回のテーマは、格闘ゲームの歴史です。

 

 

最初にこの世に出てきた格闘ゲームは「空手道」というタイトルのゲームです。

確かアメトーークのゲームセンター芸人で知りましたが、全国制覇すると牛と決闘するようになります。

この牛はほとんどだれも倒せないという、今でも伝説となっています。

 

次に紹介されたのは「初代ストリートファイター」です。

確か僕が幼稚園の頃に見たと記憶しますが、その時は「ファイティングストリート」という名前だったと記憶します。

当時はリュウとケンしか使えなかったし、攻撃のボタンも2つしかありませんでした。

弱、中、強はボタンを押す力で決まるという、今では想像がつかないシステムでした。

バイソン、元、バーディー、イーグル、アドン、サガットもこの作品にいます。

 

そして、ストリートファイター2へと時代は移り、格ゲーブームが起こったのです。

その後、3D格ゲーのバーチャファイターが誕生します。

淳さんがリオンとか瞬の話をしてて、めっちゃ詳しいなと思いながら見てましたwww

 

 

今回の放送はTVer(ティーバ)という、動画サイトで見ることが出来ます。

放送期間は2018年7月27日(金)1時59分~2018年8月3日(金)1時58分までです。

 

※動画の最初と途中、最後に15秒から30秒のCMが入ります!

 

 

⇒TVer(ティーバ)でユビワザの放送を見てみる

 

 

次回はチームユビワザメンバーの決起集会へと続きます!

 

⇒ユビワザ第17回放送、チームユビワザ決起集会の記事を見る