※この記事の画像は、動画サイトのTVer(ティーバー)様より引用させて頂いています。
また人物の画像は、できるだけ著作権やプライバシー保護法に引っかからないように加工して掲載しています。

 

⇒動画サイトのTVer(ティーバー)はこちらから

 

 

 

この記事は関西のe-sports番組、YUBIWAZA(ユビワザ)に触れています。

その中身は、第64回放送の国内最大級のスマブラ大会のウメブラ2019を書いています。

 

 

では、中身に入っていきましょう。

 

【YUBIWAZA(ユビワザ)】第64回 国内最大のスマブラ大会ウメブラ

 

東京の蒲田駅、大田区産業プラザPiOで、このスマブラの大会は行われていました。

その受付選手の中に、スマブラのプロゲーマーでもあるHIKARUさんがいました。

 

 

ではなぜ「ウメブラ」という名前なのかという、うめきさんという方が主催されているので略して「ウメブラ」なのですw

そのまんまなのが面白いですねw

 

 

2014年に第1回大会を開いた時は、たったの40人でしたが、2019年にはなんと1000人を超えてスポンサーが7社も付く大きな大会に。

更には日本初の大会ランクがSに認定された大会で、これはEVOと同じランクとなります。

 

 

 

 

大会1日目は1015人から256人までに絞られる戦いとなり、7~8人の総当たり戦で上位2人が決勝トーナメントに進めます。

HIKARU選手の最初の相手は、しゅばみ選手ですがプロといえど発売から半年しか経っていないため、思わぬ伏兵がいる可能性もあります。

 

 

そして、HIKARU選手はドンキーコングからポケモントレーナーにキャラを変更されていました。

 

その理由はフシギソウが前回使っていたドンキーコングに似ていて、投げが強いキャラだからだそうです。

つまり、性能が似ていて楽しいと感じていたから使っていようですね。

 

 

こうして、しゅばみ選手や他の選手も倒して5戦全勝の2位以上が確定しました。

そして、1位を決める試合ではHIKARUさんが苦手とするフォックスを使う、らっち~選手と対戦することに。

 

 

 

配信台での対戦となりますが、ユビワザのスタッフも出てくると大物扱いされていましたねw

ユビワザに所属すると大物、この実況に淳さんも矢口さんも大喜びでしたね。

 

 

そして、試合の方に戻りますが、最初のセットも次のセットも取り、HIKARUさんが予選1位通過しました。

 

2日目の決勝トーナメントの様子

 

迎えた2日目(2019年5月2日)ですが、この日は決勝トーナメントの日で、256人から優勝の1人を決める日です。

会場を見渡してみると、ホストゲーマーあぶさんが、その友人、CJ社長の応援に来られていました。

 

 

そして、ウェイヨーの画像を頂きましたww

 

 

 

 

一方のHIKARUさんは、決勝トーナメントの1回戦で、かいデデデ選手と戦うことになります。

しかし、予選トーナメントを勝ち上がった強豪ぞろいですが2回戦の相手、Tsu Summer選手、3回戦の相手RYO選手と下して4回戦へ。

 

 

この試合に勝てばTOP24入りになりますが、九州のピチュー使い、Karoegu選手と当たります。

お互いに高火力のキャラなので、つぶし合いの展開となりますが、HIKARUさんが勝利してTOP24入り達成。

 

 

 

その次の試合では、数々の試合で優勝しているプロゲーマーKameme選手と当たります。

このKameme選手は、飛び道具が多く近づき辛いロックマンを使い、リーチの短いポケモントレーナーでどう立ち回るかがカギになります。

 

 

結果は1セット、2セットもkameme選手が取り、HIKARUさんはルーザーズへ。

 

 

 

そこで待っていたのは日本最強のゼロスーツサムス使いの、ちょこさんと対戦することに。

先ほども書きましたが、HIKARUさんはフォックスと、このゼロスーツサムスが苦手なようです。

 

 

そこで、ポケモントレーナーから従来使っていたドンキーコングにキャラを変更して挑みました。

 

その結果は、ちょこさんが勝利して、HIKARUさんは17位タイという結果に終わりました。

 

 

 

そして、今大会の優勝者はHIKARUさんを破ったKameme選手でした。

 

WE-R1の大阪スト5のイベント

 

6月某日に行われた、大阪ラウンドワン千日前店でスト5のイベントが行われました。

トラッシュボックスさんが所属するWE-R1が主催になっていました。

 

 

トラボさんVS一般ゲーマーの無限組手や、実況のレジェンド、アールさんによる試合が行われました。

このイベントには32人のゲーマーが集まり、さかがみ選手、パウエル選手も参加していました。

 

 

 

 

プール抜けをかけた戦いでフランスのプロゲーマー、ガンファイト選手と対戦。

1セット目はトラボさん、2セット目はガンファイト選手、3セット目もガンファイト選手が取りルーザーズへ。

 

 

ここで待ち受けていたのは強豪ファン使いの、はく選手で、この試合に敗れ5位タイという結果になりました。

 

 

ちなみに優勝はガンファイト選手となり、イベントは幕を閉じました。

 


 

次回のユビワザは、関西最大級の格ゲーイベント「KSB2019」に密着をします。

鉄拳7に出場した加齢さん、破壊王さん、そして、番組復活をかけてラストオーダー織田さんが挑戦します。

 

 

 

 

今回の放送は、動画サイトのTVer(ティーバー)で見ることができます。

しかし、期間が決まっていて2019年7月12日(金)1:59~2019年7月19日(金)1:58までとなっています。

 

 

⇒動画サイトのTVer(ティーバー)で、現在配信されているユビワザの放送を見てみる

 

 

次回、第65回放送の記事へと続きます。

 

 

⇒第65回、KSB2019鉄拳7の記事を見てみる