元ブレイクダンサーおはが運営するブログ「ゲー活記(げーかつき)」への訪問、ありがとうございます!

 

 

 

この記事はカプコンの人気格闘ゲーム、ストリートファイター5に触れています。

その中身は最高ランク、スパゴルの僕が考えたファルケのジャンプからの立ち回りとその理由について書いています。

 

 

では、中身に入っていきましょう。

 

【スト5】最高ランク、スパゴルの僕が考えるファルケのジャンプ立ち回りとその行動をする理由!

 

最初にあらかじめ言っておくと、ここに書いている記事が正解ではなく、あくまでも一人のプレイヤーの一意見として捉えて頂くとありがたいです

 

 

理由や行動については経験によっても変わってくると思うので、また別のランクになったら別記事で書くかも知れません(未定です)。

 

 

 

という前置きをしてから本題の方へ移ります。

 

 

 

 

今回の記事の流れとしては、基本的なファルケのジャンプ中の行動とその理由、そして、最後にまとめと言った感じで行きます。

 

 

少しタイトルにある答えに辿り着くまで長いと思いますが、全然、自分の都合で抜けて頂いても構いませんw

 

 

 

では、本当に本題です。

 

 

 

 

まず、ファルケがジャンプをしたらやる行動は、大きく分けると次の4つになると考えられます↓

 

ファルケがジャンプ後に出来る行動

 

 

1.通常技攻撃

2.サイコフェーダー、サイコイェーガー(ジャンプして地上へ弾を打つ技。イェーガーはVトリガー1発動時のみ)

3.ルフトヤークト(急降下して踏みつける技)

4.何もしない

 

この4つに分けられるかと思うのですが、主に使う理由としては次の理由があると現段階では考えています↓

 

1.通常技攻撃
→コンボで大きなダメージを与える

2.サイコフェーダー、サイコイェーガー(ジャンプして地上へ弾を打つ技。イェーガーはVトリガー1発動時のみ)
→前ステ、飛び、対空を釣る

3.ルフトヤークト(急降下して踏みつける技)
→対空釣り、起き攻めでめくりを狙う

4.何もしない
→すかし攻撃、2、3を意識させて相手の行動を誘う

 

これらのことをまとめて、結局、何が言いたいかと言うと「その行動に対する対処法を知って勝ちに繋げていこう」ということです。

 

 

例えば2番のサイコフェーダーとイェーガーの例で言うなら、連続で空中から球を打つと、それを狙って相手がジャンプ攻撃を仕掛けてくる可能性が高くなります。

相手がジャンプ攻撃を仕掛けてくると言うことは、ファルケ側としては対空で落とせばいいだけです。

 

 

つまり、立ち回りの中で相手を誘導させやすくするために、これらの立ち回りを混ぜていけばいいと考えています(例えば2と4を混ぜてみるとか)。

もし仮にジャンプして弾しか打たなかったら、いずれは対応されるので、出来る引き出しは増やしておいた方が良いと思っています。

 

 

 

では、もう少し補足をしながら、以上4つのことについて説明していきましょう。

 

1.通常技攻撃

 

ジャンプからの通常攻撃は、主にコンボに繋がるので基本の動作です。

ただ、ゴールド以上になってくると、闇雲にジャンプしても9割近い確率で対空で落とされてしまいます。

 

 

ゴールド以上とは、そんな闇のランク帯なのですw

 

 

なので、相手にジャンプを意識させて対空を出すようになったら、先に説明した2や3の動作を混ぜると効果的になります。

 

 

もちろん、人によってはその意図を見抜いてくるプレイヤーもいるので万全とは言えませんが、相手に意識させた後の行動を見るのは重要になります。

 

2.サイコフェーダー、サイコイェーガー(ジャンプして地上へ弾を打つ技。イェーガーはVトリガー1発動時のみ)

 

これらの技は通称、上玉(うわだま。空中にいる間に地上に弾を打つこと)と呼ばれています。

役割としてはダメージを与えに行くと言うよりも、相手の前ステ、ジャンプを誘うことが主な目的となります。

 

 

何度かこの上玉を打ったら、ジャンプして何もしない(後述の4番)で着地、

そして、前ステをして来たら置き技、ジャンプしてきたら対空という流れになります。

 

 

 

また、対空が良く出る相手の対空を潰すことも期待できるので、わざと無意味なジャンプをして相手が対空してくるかを見て、

対空が出るようなら、この上玉で潰せばいいのです。

 

 

こちらのダメージも微々たるものですが、本当の狙いはジャンプ攻撃を通しやすくするためです。

対空をしたら上の弾でお仕置される、だから対空を出さないと思わせて飛びを通してしまう、ガードされても2択へ持っていけます。

 

 

 

早い話が、相手の動きをコントロールするために使うと言った感じです。

 

3.ルフトヤークト(急降下して踏みつける技)

 

この技の最大の狙いは、対空吊りと起き攻めにあると思います。

まず対空釣りの方ですが、例えば、相手が昇竜拳を持っているなら、昇竜拳を誘って着地後のスキにダメージを与えると言った戦法が有効です。

 

 

しかし、この技で僕自身が思った反省点をシェアしたいと思います。

 

 

 

1つ目は飛び込む前の距離です。

飛び込む距離を間違えると昇竜拳で落とされるので、いつも前ジャンプ攻撃をする距離より、気持ち後ろ位から飛んで出すのが最適です。

 

 

 

そして、2つ目は使いどころです。

どのタイミングで出せばいいかと言うと、決まってはいないですが、その時のゲージ状況に合わせてコンボで相手を倒せる時がベストと考えています。

 

 

例えば、CAを使えばとどめを刺せるという時は、相手の体力を見てとどめが刺せそうな時を狙って、対空釣りをしても良いかも知れません。

そこまでに行くまでには相手に「よく飛ぶ相手」という意識を持たせれば、尚良しと言った感じです。

 

 

対空釣りをしてとどめ、これは理想の形だと思います。

 

 

 

次に起き攻めですが、最も力を発揮するのが画面端です。

ここでルフトヤークトを使うと、めくりなのに表に落ちるので相手を惑わせる良い戦法にの一つになります。

 

 

ルフトと思わせて何もしないで投げや下段といったことを混ぜると、より相手の混乱を誘えるかも知れませんね。

 

まとめるとルフトヤークトは対空吊り、起き攻めに有効だと言うことが言いたかったのです。

 

 

4.何もしない

 

前ジャンプ、もしくは垂直ジャンプして何もしないという戦法です。

そこから先ほども少し紹介しましたが、投げや下段に繋げると言う戦法が有りかと思います。

 

 

 

ただ、おもむろにジャンプしても対空で落とされるだけなので、何もしないジャンプを通すにしても工夫は必要です。

例えば、前述の2や3といった行動で相手の対空技を出しにくくさせてから、何もしないジャンプ、通称すかしジャンプをすると通りやすいかと思います。

 

 

この何もしないと言うのも単体だと効果が低いかも知れませんが、他の行動と混ぜると本領を発揮させやすくなります。

 


 

このようにジャンプ後の行動と、その理由を述べてきました。

結局のところ、全ての行動が単体だと相手に対処されてしまうのが速くなり、対処自体もしやすくなると言えます。

 

 

「この相手が飛ぶと対処しにくいな」と思わせれば、ジャンプして自分のした行動が通りやすくなることが期待できます。

自分のジャンプ後の行動を見直して見るキッカケとなれば、幸いです。

 

今回のまとめ

 

ファルケがジャンプした後の行動で考えられるのは次の4つで、その理由は現段階(最高スパゴル)での僕の頭だと次のようになると考えています↓

 

1.通常技攻撃
→コンボで大きなダメージを与える

 

2.サイコフェーダー、サイコイェーガー(ジャンプして地上へ弾を打つ技。イェーガーはVトリガー1発動時のみ)
→前ステ、飛び、対空を釣る

 

3.ルフトヤークト(急降下して踏みつける技)
→対空釣り、起き攻めでめくりを狙う

 

4.何もしない
→すかし攻撃、2、3を意識させて相手の行動を誘う

 

それぞれ単体では効果は薄いですが、それぞれのパターンを複合することで、それぞれの行動が通りやすくなる可能性が高くなると期待できます。

 

いかがでしたか。

今回は、ファルケのジャンプの立ち回りについて考えてみました。

 

 

ゴールドに中々、上がれないと悩んでいる方の助けに少しでもなれればと思います。

 

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!