元ブレイクダンサーおはが運営するブログ「ゲー活記(げーかつき)」への訪問、ありがとうございます!

 

 

 

この記事は、インディーズゼロ(株)の人気音楽ゲーム、TFFAC(シアトリズムファイナルファンタジー)に触れています。

その内容は、第37回課題曲の結果と順位以外を課題にしたものを書いています。

 

 

⇒1つ前の第36回課題曲の記事はこちら

 

では、中身に入っていきましょう。

 

【TFFAC】第37回課題曲では順位だけでなく、あることも課題にした話

ではまず最初に今回の結果を言うと、スコアが8616450の142位でした↓

 

 

やり始めのスコアはと言うと・・・実は未プレイでしたw↓

 

 

ここで今回の課題曲について、少しおさらいをしておきましょう。

 

 

 

 

まず期間は、2019年10月2日(水)8:00~2019年10月8日(火)23:59まででした。

そして、課題曲はFF13の閃光メドレーで、難易度は超絶の13なのです。

 

 

今回は久しぶりの超絶譜面メドレー、また動画がどこにもないと言う状態でした。

そこで、メドレーの5曲に何があるかを調べて、1曲ずつ動画で練習していきました。

 

 

元々、超絶譜面は何でもかんでも出来るわけではなかったのですが、動画で躓(つまず)いているポイント、実際にやって躓いたポイントをノートに書きました。

 

 

 

 

そして、タイトルにもある様に、今回は「超絶譜面を見切れるようにする」という課題が浮き彫りになりました。

 

 

かなり大雑把に表現しましたが、究極譜面には無い独特な取り方、譜面の配置などを勉強するにはかなり良い譜面だと思います。

その結果、難易度13にも関わらず、SSという自分史上では良い結果を残すことが出来ました。

 

 

 

ただし、苦手な譜面配置というのも分かってきたので、今回も挑戦してみて良かったと思っています。

苦手な譜面配置というのは、片手はホールド、もう片方はタッチとホールドを高速で取るというものです。

 

 

これらの取り方のヒントは、ランカーでもある大阪のちょこたるとさん、ららさんにヒントをもらいました。

この記事を書いている時点ではまだ試していないですが、メモをして忘れないようにしています。

 

 

 

今後の課題として挑戦していこうと思います。

 

 

 

最後に今回のリザルトの伸びです↓

 

 

 

 

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

⇒第38回課題曲の記事へ続く