この記事は、e-sports番組のユビワザについて書いています。

内容は、第33回放送の東京ゲームショウ後編の中身になっています。

 

では、中身に入っていきましょう。

YUBIWAZA(ユビワザ)第33回 東京ゲームショウ後編

東京ゲームショウで行われたストリートファイター5、カプコンプロツアージャパンプレミアム。

ユビワザファミリーからは、ネモさんとトラボさんがベスト8にコマを進めています。

 

鉄拳7日本代表決定戦

 

 

その模様を見る前に、鉄拳プロチャンピオンシップの日本代表決定戦の様子を公開。

プロゲーマーライセンスを持つ9人のトーナメント戦となっています。

そして、優勝者には台湾やサウジアラビアで行われる、e-sports国際親善試合の日本代表に選ばれます。

ユビワザファミリーからは加齢選手(2勝)、破壊王選手(1勝)、ダブル選手(1勝)が出場。
(かっこの中の勝数は、2日目に出場するための条件)

たぬかなさんは、実況で場を盛り上げています。

 

 

ダブルさんはEVO2015で準優勝経験のある、AO(あお)さんと対決し勝利して2日目に出場。

破壊王さんは2018日本王者となったタケ。さんと対決し勝利して、破壊王さんも2日目へ出場決定します。

加齢さんはEVO2018でトップ8に入ったノロマさんと対決して、敗退してしまいました。

ルーザーズでタケ。さんとの勝負の末に敗退してしまい、戦いが終了してしまいます。

 

 

日にちは変わり、東京ゲームショウの最終日に優勝決定戦へ。

決勝トーナメントで戦うのは、ダブルさんと破壊王さんというユビワザファミリー対決。

ダブルさんはウィナーズからの勝ち上がりなので1勝で、破壊王さんはルーザーズからなので2連勝で優勝となります。

 

 

第1セットはダブルさん、第2セットは破壊王さん、第3セットは破壊王さんがセットを取り、イーブンに持ち込みます。

次の試合は第1セットを破壊王さん、第2セットを破壊王さんが取って優勝。

これで日本代表として出場するのは、破壊王さんに決定しました。

 

ストリートファイター5の決勝トーナメント

 

 

ユビワザファミリーからはネモさん、トラボさんがベスト8へ出場。

ネモさん(ユリアン)は、強豪ナックルドゥ(ガイル)選手に勝利してベスト4へ。

トラボさん(バーディー)は、ときどさん(豪鬼)との戦いに敗れてしまい第7位という成績に。

 

 

ネモさんはベスト4でふ~どさんに敗れてルーザーズへ、その相手はなんと、ときどさんでした。

第1セットはネモさん、しかし、立て続けにときどさんに取られてしまい、ネモさんは第3位という結果に。

こうしてユビワザファミリーの、東京ゲームショウの闘いは幕を閉じました。

 

 

 

次回のユビワザは、アジア競技大会金メダリストのウイニングイレブン杉村選手に密着。

この杉村選手は大学生なのですが、その素顔にも迫っていきます。

 

 

 

今回の放送は、動画サイトのTVer(ティーバー)で見ることが出来ます。

ただし、期間が決まっていて2018年11月23日(金)1:59~2018年11月30日(金)1:58までとなっています。

この記事からもTVerに飛ぶことが出来ます。

 

⇒TVer(ティーバー)で、現在配信されているユビワザの放送を見てみる