【スト5】初心者ファルケ!めくりの基本的な対策2選(動画あり)

元ブレイクダンサーおはが運営するブログ「ゲー活記(げーかつき)」への訪問、ありがとうございます!

 

 

今回は、初心者ファルケが覚えたい厄介な、めくり攻撃の基本的な対策を2つ紹介しています。

尚、今回は初心者ファルケが最初に覚えたいEX技コンボからの続きになっています。

 

 

⇒前回の初心者ファルケが最初に覚えたいEX技コンボについて、見たい方はこちらから

 

 

では、中身に入っていきましょう。




【スト5】初心者ファルケが覚えたい厄介な、めくり攻撃対策の基本的な行動2選!

 

まず、今回の結論から言うと、以下の2つになります↓

 

1.めくりガード(最初に覚えたい)

2.空対空

 

今回は、この2つに関して説明していきますが、先に「めくり」が何なのか簡単に解説します。

 

 

 

この、めくりというのは簡単に言うと、ガード方向が分かりにくい攻撃方法のことを言います。

スト5で言うなら一部のジャンプ攻撃、キャラによってはVトリガーの技の当て方で、めくり攻撃になったりします。

 

 

 

ただ、一般的には「ガードの分かりにくいジャンプ攻撃」として認識されています。

 

 

 

例えば、基本的に前ジャンプ攻撃だと、相手の目の前に着地します↓

 

 

ところが、めくり攻撃は相手の背中、つまり、相手の後ろに着地することになります↓

 

 

つまり、ジャンプ攻撃で、相手の背中の上部分の肩の辺りを狙うと、めくりが成立しやすくなります↓

 

 

ただ、このめくりジャンプ攻撃は、どの強さのボタンでも出来るかと言うと、そういうわけではありません。

例えば、この画像のリュウの場合、ジャンプ中Kのみに、めくり攻撃判定が付いていて、その他の強さには付いていません。

 

 

なので、攻撃ボタンによっては、めくりが成立しない時もありますが、基本的に背中側を狙ってきたら、めくりが来たと思って対応するのが一番です。

実はこの、めくり攻撃はガード方法の知識を知らないと永遠に喰らってしまいます。

 

 

 

そして、ここで、めくりガードに繋がるので説明していきます。

 

1.めくりガード(最初に覚えたい)

めくりガードを覚えておくと、どのランクへ行った時も役立ち、且つ、基本的な、めくり防御法なので一番最初に覚えておきたいです。

 

やり方は相手のいる方向にレバーを倒すか、十字キーを相手方向に入れるのです↓

 

 

そうすると、めくりガードが成立します↓

 

 

練習方法は、まずトレモで相手キャラに、めくり攻撃をレコードさせて、ひたすらガードするだけです。

そして、めくりガードが出来るようになってくると、どの辺から飛ばれたら、めくりなのか、あるいは通常ガードになるのかが、ある程度は分かってきます。

 

 

なので、まずは無意識に、めくりガードが出来るようになるまで練習してみましょう。

 

 

 

とはいえ最初はキャラによって、どの攻撃ボタンが、めくりになるか分からないと思います。

めくり攻撃が無いキャラ(バイソン)もいますが、大抵はジャンプ弱Kかジャンプ中Kが、めくりになっています。

 

 

どうしても分からなければ、リュウのジャンプ中Kで練習してみるのはいかがでしょう。

 

 

大事なことなので、もう一度言いますが、めくりガードが全ての、めくり攻撃対策の基本になります。




2.空対空

もう一つの空対空という対策行動があるのですが、次はこれについて説明していきます。

 

 

空対空は簡単に言うと、自分と相手のキャラがジャンプした状態の時に、相手のジャンプを落とすことを言います↓

 

 

以前、別記事でも紹介した地上で落とす地上対空とは異なる対空です。

 

 

 

では、ファルケの場合、どういった空対空があるかというと、代表的なものを抜粋してみました↓

 

ファルケの基本的な空対空技

・ジャンプ弱P or ジャンプ弱K

・ジャンプ中P

・空中投げ

・ジャンプ強K

 

 

この中でも最初に覚えておくと良いのは、弱PかKだと個人的には思います。

その理由は、この抜粋した技の中で攻撃判定の発生が一番早く、空対空が成功しやすいからです。

 

 

弱PとKならどちらがいいかと言えば、正直、どちらでもいいですが、独断で選ぶなら弱Pより1フレーム早い、弱Kが良いと思います。

 

弱攻撃で落とせるようになってから、他の技も練習するというのが一番いいと考えます。

 

 

 

練習方法はガードの時と同じで、めくり攻撃をレコードさせて後は、それをひたすら落とすだけです。

この時、バックジャンプで落とすようにすると、相手のキャラと離れるので、より安全に落とすことができます↓

 

 

バックジャンプ空対空後の状況↓

 

 

自分のラインが下がり、不利な画面端に近づくというデメリットはありますが、練習段階では、そのことを気にしなくてもいいと思います。

なぜなら、実戦を通じて、バックジャンプで落とすか垂直飛びで落とすかの判断が自然と出来てくるからです。

 

 

めくりガードを覚えたら、バックジャンプ弱Kから覚えておくと効率が良いと思います。

 


 

このように、初心者ファルケが最初に覚えたい、めくり攻撃に対しての防御法を2つ紹介しました。

 

 

冒頭の方でも言いましたが、めくり攻撃は、スト5を始めたての頃、本当に厄介な攻撃方法でした。

逆にあなたも早い段階で、めくりを知っておけば、ルーキー~ゴールドまでは非常に有効な戦法になります。

 

 

それゆえに、守り方も同時に知っておけば、相手の攻撃手段を一つ潰せることになるので、しっかりと守り方も覚えておきましょう。

 

 

では、最後に今回のまとめに入る前に、この記事をまとめた動画を作ったので貼っておきます↓

文章では分からなかった部分の補足として参照してみてください。

 

 

では、今回のまとめに入ります。

 

今回のまとめ

 

初心者ファルケが覚えたい厄介な、めくり攻撃対策の基本的な行動は、以下の2つになります↓

 

1.めくりガード(最初に覚えたい)

2.空対空(最初はジャンプ弱P or 弱K)

 

いかがでしたか。

 

 

今回の記事では、めくりの守り方を見てきました。

まだまだ、めくりに対する防御法はあるのですが、まずは基本の方法を紹介しました。

 

 

この、めくりを対策するだけで脱初心者へ、一歩近づくことになるでしょう。

 

 

 

では、また防御法に関しての記事も書いていきます。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

⇒次回、初心者編ラストの初歩のCAコンボへと続く