【TFFAC】ご当地称号第八弾!鳥取、岡山へは車で!注意点も!

元ブレイクダンサーおはが運営するブログ「ゲー活記(げーかつき)」への訪問、ありがとうございます。

 

 

この記事はインディーズゼロ(株)の人気音楽ゲーム、TFFAC(シアトリズムファイナルファンタジー オールスターカーニバル)に触れています。

その中身はご当地称号行脚の第八弾、鳥取、岡山の称号を取った時に車を使ったのですが、

車で行く時の注意点や、回収した店舗や筐体の情報を書いています。

 

 

⇒ご当地称号第七弾となる、前回の高知、愛媛の記事を見たい方はこちらから

 

 

では、中身に入っていきましょう。




【TFFAC】ご当地称号第八弾!鳥取、岡山へは車で!注意点も!

 

最初に注意点というのは何なのかから言うと、車に乗る時は眠気対策をしないと危ない点を指しています!

 

 

居眠り運転自体が危ないことはもちろんのこと、僕は今回の鳥取、岡山にはレンタカーで行きました。

 

 

仮眠するにしてもレンタカーを返す時間が決まっているので、十分に感じるくらいの時間の仮眠を取ることが出来ず、

結果的に万全な状態で行脚することが難しいことを経験しました。

 

 

では、車で行く際の注意点も書いたところで、鳥取、岡山へ行ったときの店舗や筐体の情報を載せていきます。

 

 

 

実はこの記事を書く直前にTwitterを見てみると、初めて行く店舗の何階にシアトがあるのか迷うし時間が掛かるという呟きを見かけました。

そんな人のために何階にあるかという情報も書いていきますので、僕の記事を参考して頂ければ幸いです。

 

 

では、初めに鳥取称号を取った時の話から行きます。

 

 

まずは兵庫県からレンタカーを借りて、セガ鳥取へ直行しました。

丁度、2時間半くらいの道のりでしたが、朝食も食べず、仕事の疲れも残っていたので、眠気と空腹に襲われていました。

 

 

途中のサービスエリアで遅めの朝食、そして、少しの仮眠で再び、セガ鳥取を目指しました。

セガ鳥取に着いたのは、正午前後だと記憶します↓

 

 

セガ鳥取のシアトは2階にあって筐体番号は3382755、椅子は有り、スライド固めの音量は普通です↓

 

 

そして、無事に鳥取の称号を手に入れました↓

 

 

鳥取の称号を手に入れたら即座に、次の目標でもある岡山県を目指しました。

セガ鳥取からだと、高速から言っても下道から言っても時間も同じくらいなので、下道で岡山県はアミパラ岡山を目指すことにしました。

 

 

そして、下道を走ること約3時間、アミパラ岡山に到着しました↓

 

 

シアト筐体は2階にあって筐体番号は3381935、椅子は有りでヘッドホンあり、スライドの硬さは普通です↓

 

 

そして、岡山県の称号をゲットしました↓

 

 

ちょっと時間があったので、岡山市にある店舗と筐体を回収するために、次はアミパラテクノランドへ向かいました。

アミパラ岡山からは20分も掛からずに到着です↓

 

 

1階にあって筐体番号は3381926、椅子有りで音量は普通、スライドの硬さも普通でした↓

 

 

最後はゲームアイビス岡山店へ行く予定ですが、少し渋滞に巻き込まれて岡山県にいるデッドラインが近づいてきました。

行くかどうか迷いましたが、何とか高速を飛ばせば間に合うと思ったので、結局、行くことにしました↓

 

 

2階にあって筐体番号は4117953、椅子有りで音量は大きいですが、スライドはやわらかめです↓

 

 

こうして店舗、筐体回収を終えて即座に兵庫県のレンタカー店まで飛ばして帰りました。

途中で道を間違えたりしてヒヤヒヤしましたが、何とかギリギリ返却時間に間に合いました。

 

 

 

こうして、鳥取と岡山のご当地称号を回収して、中国地方の称号は全て取れたことになりました。

地方のご当地称号は中国・四国の称号ですが、残るは香川県を取るとそれがゲットできます。

 

 

とりあえず、車を運転する時は眠気対策をしっかりしていこうと学んだ行脚になりました。

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

⇒ご当地称号、第九弾、九州店舗の行脚記事へと続く