【スト5】受け身が取れないと地獄を見続ける理由とは?

元ブレイクダンサーおはが運営するブログ、ゲー活記(げーかつき)への訪問、ありがとうございます!

 

 

 

今回は受け身が取れないと地獄を見続ける理由を中心に練習方法、入力タイミング、種類、受け身が出来ない時について説明していきます。

尚、この記事は、確反練習の記事からの続きとなっています。

 

 

⇒前回、確反練習のことを見たい方は、こちらから

 

 

では、中身に入っていきましょう。




【スト5】受け身が取れないと地獄を見続ける理由とは?

まず、結論から言うなら、起き攻めをされまくって負ける確率が上がってしまうという理由になります!

 

ではなぜ、受け身が取れないと起き攻めされまくるのかをお話しします。

 

 

このスト5は相手のダウン技を食らった時に、受け身を取らなければ、どの技でもほぼ確実に密着状態を作られてしまいます。

そして、このゲームで強い行動の1つでもある、起き攻めをされる危険性が、ほぼ100%になります。

 

 

起き攻めされるということは、打撃と投げの2択を迫られてしまい、受け身を取らないということは、取らない分だけ起き攻めのチャンスを相手に与えることになります。

だから、その危険性を回避するために受け身を取りましょうということに繋がってきます。

 

 

もちろん、ダウン技の中には受け身をしても起き攻めされる技もあります。

しかし、受け身を取ったら回避できるものがあるという事実もあるので、基本的には「受け身は取るもの」という認識は持っておいた方が良いです。

 

 

実戦の中で「あの技は受け身で起き攻めを回避できる」とか「この技は受け身をしても起き攻めされるのか」というのを覚えていきましょう。

では、肝心の受け身についてですがどのように練習すればいいのでしょうか。

 

 

受け身の練習方法

これも答えから言うなら、トレモでダミーにダウン技をレコーディングさせて練習していくのが一番です。

 

しごく当たり前のことですが、僕が実際にやっていた練習方法をご紹介します。

 

 

 

まずトレモへ入り、ダミーキャラに”前歩きで密着を作り、垂直ジャンプして、しゃがみ強K”をセットします↓

 

 

 

 

 

 

 

設定はこれだけです(笑)。

ちなみにダミーキャラは誰でもいいのですが、キャラの中にはしゃがみ強Kがスライディングになったり、2段攻撃になるキャラもいます。

 

 

なので、自分の練習に合うダミーキャラが一番ですが、迷ってしまう場合は、CPUセレクトで一番最初に選択できるケンが良いでしょう。

 

また、前歩きの密着後に”垂直ジャンプ”を入れていますが、これはしゃがみ強Kのタイミングが分かりやすいために入れています。

 

 

しゃがみ強Kに反応できるならいりませんが、最初はとっさに来てしまう、しゃがみ強Kに反応できないことがあります。

なので、まずは垂直ジャンプを入れてみましょう。

 

 

次は受け身のタイミングについて説明します。




受け身をするタイミングは?

受け身コマンド入力のタイミングは、キャラが地面に叩きつけられる直前になります。

 

 

しかし、叩きつけられる瞬間を見て受け身コマンドを入力するのは難しいので、ダウン前に受け身コマンドを連打するのもありです。

そして、受け身が成功したら連打入力を辞めるという形が良いでしょう。

 

 

遅ればせながら受け身の種類の紹介ですが、それには次の3つがあります↓

 

受け身の種類

その場受け身 → レバーなら下、ボタンならパンチボタン2つ以上(32Fは何もできない、うつぶせダウンなら25F)

後ろ受け身 → レバーなら後ろ、ボタンならキックボタン2つ以上(37Fは何もできない)

受け身を取らない → 何も入力しない(81F何もできない、必殺技なら91F、うつぶせダウンなら74F)

 

このように3種類の受け身があるのですが、最初は後ろ受け身から練習すると良いでしょう。

なぜなら、相手の起き攻め状態を回避できる可能性が、その場受け身よりも多くなるからです。

 

 

もちろん、受け身によって読み合いが発生するのですが、練習段階では気にする必要はありません。

むしろ、きっちりと受け身ができるようになることが最優先になるからです。

 

 

ちなみにレバーとボタン、どちらがいいのかというと個人的には次の2つで良いと考えています↓

 

受け身に対する2つの考え方

・溜めキャラ(ガイルなど)は、溜め技継続ができるという理由からボタン受け身が良い

・コマンドキャラは(リュウなど)は、自分がやりやすい方で良い

 

自キャラが溜めキャラか溜めキャラではないかで判断すると良いでしょう。

しかし、そんな便利な受け身もダウンの種類によっては出来ないものもあるので、次の章で紹介します。

 

ダウンの種類によっては出来ない受け身もある

ダウンの種類によってということなのですが、基本的に次のように分けられます↓

 

ダウン属性によっては受け身が出来ない

・投げ技(コマ投げ含む) → その場受け身と受け身をしないという2択

・しゃがみ強Kのクラッシュカウンターでダウン → 受け身は出来ない

・CA → そのキャラの性能による(受け身が出来たり出来なかったりする)

 

大雑把には上のように分けられます。

特にCAなんかは、最初、どのキャラのCAで受け身が出来て・・・といったことを調べるのは大変です。

 

 

最初は自分のキャラはどうか、その次によく当たるキャラのCAはどうかといった感じで調べると良いでしょう。

調べることも大事なのですが、一番いいのは実戦してみて経験を積むのが一番かと思います。

 

 

 

ちなみに投げ技に関しては後ろ受け身をしようとしても、その場受け身になります。

なので、初めの方は一旦、ダウンさせられたら受け身をしてみるというのもありです。

 

 

 

 

最初に大事なことは受け身をしようとすることで、経験で出来る時と出来ない時を覚えていくのがベストです。

受け身をしないという選択肢は無しと言いましたが、受け身をしないほうがいい状況についてはまた別の記事で書こうと考えています。

 

 

では、今回のまとめに入っていきましょう。

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

受け身が取れないと地獄を見続ける理由とは、起き攻めをされまくって負ける確率が上がってしまうというものになります。

練習方法はトレモへ入り、ダミーキャラに”前歩きで密着を作り、垂直ジャンプして、しゃがみ強K”をセットするだけです。

 

受け身には3種類があり、溜めキャラ(ガイルなど)は、溜め技継続ができるという理由からボタン受け身が良く

コマンドキャラは(リュウなど)は、自分がやりやすい方で良いと説明しました。

いかがでしたか。

 

 

今回は受け身の基礎と共に、受け身の重要性を説明しました。

しかし、まずは受け身が自由自在に取れるという基本の上で、使い分けるということをすれば良いと考えています。

 

 

では、今回はこの辺で。

 

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

 

⇒次回の初級講座は、ファルケのVリバの出し方を間違えるとピンチになることについて