【スト5】最初に知らないと恥!?立ち中段の基本的な考え!

元ブレイクダンサーおはが運営するブログ「ゲー活記(げーかつき)」への訪問、ありがとうございます!

 

 

今回は、立ち中段の基本的な考え方について説明していきます。

尚、この記事はファルケのクラカンコンボからの続きとなっています。

 

 

⇒前回、ファルケのクラカンコンボの記事を見てみる

 

 

では、中身に入っていきましょう。




【スト5】最初に知らないと恥!?立ち中段の基本的な考え!

基本的に立ち中段ガード後は、中攻撃で反撃できるものが多いという考えで良いと思っています!

 

 

“基本的に”と付いているのは、全ての立ち中段が反撃できるわけでなく、反撃できないものもあれば、相手が有利になるものもあるからです。

 

 

では、どのようにして、相手に有利な中段があるか調べるかというと、トレモや実戦で経験を積むのが近道と考えます。

 

 

それは決して楽ではないですが、結局のところ「継続は力なり」なのです。

だから、初めは”立ち中段は反撃できる”という考えでボタンを押してみて、失敗して経験を積み重ねていきましょう。

 

 

では、さらっとですが、立ち中段の基本的な性能を箇条書きでまとめてみました↓

 

立ち中段の基本的な性能

・しゃがみガードできないので、立ちガードで防ぐことになる

・単体でのダメージは60~100程

・発生は20F~30Fが一般的

・反撃できる立ち中段はガードされると-7Fがほとんど

・立ち中段を持っていないキャラもいる

・中段からコンボに繋げられるキャラもいる

 

ざっとこんな感じですが、また思いついた時に書き足します。

 

 

発生が20F~30Fと、数字上で見た感じでは、立ち中段を見てからガードすればいいのかと思うかもしれません。

そこで、一つ疑問なのですが、巷では「(立ち)中段は立てない」というウワサがあるようですが、そのことについても自分なりに考察してみました。

 

中段は立てないものなのか?

結論から言うなら、人間が反応できる反射速度のレベルだと立てる、つまり「理論上は立てる」と言われています。

ただ、僕個人は実戦では立てないです(笑)。

 

 

では「理論上は立てる」というのはどういうことかというと、一般的に人間の反射速度は0.2秒、フレームに言い直すと12Fと言われています。

この理論が正しければ、20~30Fの中段技は全て見えるという方式が成り立ちます。

 

 

じゃあなぜ、実戦では立てないのか、その理由は様々ありますが、個人的には中段だけでなく、相手キャラは上段も下段も飛んでくることもあります。

つまり、中段だけ意識していれば良いわけではなく、色々なところに意識を持っていかれるので、その結果、実戦で立つことは難しいと言ったのです。

 

 

仮に実戦で立ち中段だけを意識していたとしたら、他の上段や下段攻撃に対する反応が遅れてしまいます。

立ち中段だけを意識していくと、他の行動にやられて負けてしまします。

 

 

そうならないように対戦中は、色々なことを見なければなりません。

 

 

 

では、そんな色々な意識をしないといけない対戦中に中段をガードするためには、どうすればいいのかというと、個人的には経験しかないかなと思います。

あるキャラの、ある状況、ある距離では、中段を振りやすいから、そろそろ中段がくるだろうなと言う経験による予測です。

 

 

そして、中段をガードした時に「このプレイヤーはやるな」と感じるのだと思っています。

 

 

やはり、最初も言っているように「継続は力なり」この一言に尽きます。

対戦をするなら、どんな時でも収穫のある試合にして、自分の成長に繋げていきたいですね。

 

 

では、最後に今回のまとめに入ります。

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

基本的に立ち中段ガード後は、中攻撃で反撃できるものが多いという考えで良いと思っています。

“基本的に”と付いているのは、全ての立ち中段が反撃できるわけでなく、反撃できないものもあれば、相手が有利になるものもあるからです。

 

立ち中段の基本的な性能は、

 

・しゃがみガードできないので、立ちガードで防ぐことになる

・単体でのダメージは60~100程

・発生は20F~30Fが一般的

・反撃できる立ち中段はガードされると-7Fがほとんど

・立ち中段を持っていないキャラもいる

・中段からコンボに繋げられるキャラもいる

 

では、中段は立てないものなのかと言われると、人間が反応できる反射速度のレベルだと立てる、つまり「理論上は立てる」と言われている模様です。

 

いかがでしたか。

 

 

今回は中段の基礎と言うことで、入り口として基本的な考えを述べました。

何度も何度も言ってきましたが、全ての中段が反撃できるわけではないので、とにかく試合を継続していくことで反撃できる、できないは体で覚えるのが一番です。

 

 

やっていくうちに中段を読んでガードすることも可能になってくるので、その点は、やり続けることの大きなメリットになるでしょう。

 

 

では、この辺で。

 

 

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

⇒次回、ファルケのゲージ無しで出来るコンボ4選に続く